テニス・ニュースあれこれ・コメント纏め

スポンサーリンク

奈良くるみ2回戦進出 エイゴン・オープン

女子シングルス1回戦
奈良くるみがローレン・デービスに6-3、6-3で勝ち、2回戦に進んだ。
参照元:日刊スポーツ

ラファエル・ナダル全仏10回目の優勝!

真っ青な空に赤土が眩しい全仏オープン最終日!

 

今年の男子シングルス優勝者は?!

ラファエル・ナダル 6-2,6-3,6-1 スタン・ワウリンカ

2005・2006・2007・2008・2010・2011・2012・2013・2014年、そして2017年と

10回目の優勝を遂げたナダル。

とにかく今日のナダルのショット、メンタル、闘争心、どれをとってもワウリンカに

勝っていたと言っていいほど、素晴らしいプレーでした。

プレーヤーとして、また人間として、日本のジュニアたちに多くのことを学んで欲し

いと心から思わせてくれる、素晴らしい選手です!

 

さぁ、次は芝のウィンブ

守備力生かせる赤土の全仏、ナダル優勝杯抱き締める

男子シングルス決勝
世界4位のラファエル・ナダルが区切りの全仏10度目の優勝を遂げた。
同3位のスタン・バブリンカに6-2、6-3、6-1の2時間5分で快勝した。
10度目の優勝は、68年オープン化以降、ナブラチロワのウィンブルドンと並んでいた4大大会の同一大会の最多優勝記録を更新した。
12日発表の最新世界ランキングで、14年10月以来の2位に復帰した。
ナダルはマッチポイントが相手のミスで決まると顔を覆い、崩れ落ちた。
「感動で言葉が見つからない。
10度目の優勝は特別な気持ち」。
優勝杯に加え、10回優勝記念杯も抱き締めた。
3年ぶりに4大大会のタイトルを手にし、18度のフェデラーに次ぐ、単独2位の15度となった。
7試合で1セットも落とさない「パーフェクトな大会だった」。
クレーコートが多いスペイン出身のナダルは、球足が遅く守備力を生かせる赤土の全仏で無類の強さを誇る。
全仏通算は79勝2敗。
ツアー73度優勝のうち、クレーでは1968年のオープン化以降単独最多の53度とした。
15年には世界ランクが10位に転落。
昨年は、左手首のケガで、3回戦を戦わずに棄権。
10月の上海を最後に、ツアーから離脱した。
ナダルは終わったとも言われた。
しかし今年は、この全仏を含め得意の赤土で4大会優勝。
成績だけで見れば、完全に復活した。
参照元:日刊スポーツ

スポンサーリンク

強い上地見せつけた!単複完全優勝で東京へ視界良好

車いすテニス女子シングルス決勝ほか
車いす女子シングルスで世界2位の上地結衣が単複2冠を達成した。
シングルスで同7位のエラーブロックに7-5、6-4とストレート勝ちを収めると、続くダブルスでもバウスとのペアで優勝。
14年大会以来3年ぶりの2冠を達成した。
強い。
今大会、シングルス、ダブルス合わせて5試合で、1セットも落とさないストレート勝ちで、上地が単複完全優勝を果たした。
シングルスでは世界1位が初戦敗退するなど波乱の中、しっかりと地力の差を見せつけた。
「前回の時も2冠。
それはすごくうれしい」と笑みがはじけた。
内容には不満を感じている。
シングルスは「バックがうまく打てず、そればっかりに頭がいった」。
途中でサービスを打つサイドを間違えるほど、バックのことで頭がいっぱいだった。
ダブルスは「ペアに助けられた」。
それでも力の差は見せつけた。
今季シングルスは30戦して1敗しかしておらず、ダブルスも17戦で3敗のみ。
それも今季は「いろいろ試す時期。
東京に向けた土台づくり」という過渡期にかかわらず、この強さだ。
今大会が終わって約5年ぶりと本人がいう“新車”が届く。
新しい車いすは、座高が高く、車輪の直径が1インチ大きい。
高い球に手が届き、車輪が大きい分、惰性も効く。
「何が変わるのか試したい」。
シングルスの年間4大大会全制覇、そして20年東京パラリンピックでの金メダル獲得を視界にとらえた。
参照元:日刊スポーツ

上地結衣が全仏2冠!オランダペア破りダブルス制す

車いすテニス女子ダブルス決勝ほか
女子ダブルス決勝で23歳の上地結衣がマリヨレン・バウスとのコンビでオランダのペアに6-3、7-5で勝ち、同日のシングルスと合わせて2冠を達成した。
四大大会で2種目制覇はダブルスで英国選手と組んだ2014年の全仏と全米オープンに続いて3度目となった。

前の記事 | 次の記事

スポンサーリンク

テニス・ニュースあれこれ・コメント纏め All rights reserved.